このサイトはSEO対策に関するサイトです。

SEO対策タイトル

SEO対策とは

SEOとは検索エンジンの最適化(Search Engine Optimization)の頭文字を取った略のことをいいます。SEOの言葉だけで最適化と言う意味があり、SEO対策というと検索エンジン最適化対策というおかしい表現になるのです。
SEO対策は言葉の表現としてはあまり正しいとは言えないのですが、SEO対策と言う言葉が一般的に浸透しています。
現在の日本の主な検索エンジンとして、Google、Yahoo、MSNなどの3つが有名です。
インターネットで何かを探したり、調べたりする場合、必ずって言う程この3つの検索エンジンを通してユーザーが検索するのが80%と言う結果が出ているみたいです。
その80%の内の7割のユーザーがGoogle又はYahooを利用して検索をしていることがわかっているそうです。
今は検索のパーセンテージがもっと増えていると思いますが、これらの検索エンジンはある特定のキーワードを入力したときに、yahooやGoogleの検索エンジンの1ページ目や2ページ目にウェブサイトを表示させるテクニックが検索エンジン最適化のSEO対策と言うことになるのです。 多くのインターネットユーザーは入力したキーワードの情報をウェブサイトの検索エンジンから探すときに1ページ~2ページの間ぐらいでに目的のウェブサイトを探しているユーザーが多いのです。
検索エンジンを利用するユーザーが多いことから強力な集客ツールとしてSEO対策が注目されており、SEO対策を自分で行うことがでれば、広告費が無料で最大の広告母体で宣伝することができるようになると言うことです。

検索エンジン

検索エンジンには大きく分けて2つの種類の検索エンジンがあり、ディレクトリー型とロボット型があり、この2つを合わせたのがハイブリッド型があるのです。
ディレクトリー型は、人が判断して載せることが決定され、テーマによってカテゴリー別に分類されているのです。
代表的なものとしてYahooカテゴリーがあり、カテゴリーは階層構造になっているので細かく細分化されています。
検索するユーザーは「生活と文化」や「ビジネスと経済」といったカテゴリーから「生活と文化-住い-照明」といったように目的に沿って情報を探すことができるのです。
ロボット型は、スパイダーというロボット(ソフト)を使用して、無数に存在するサイトの情報を集めてインデックスの索引を作成することによって、キーワードによる検索を可能にしているのです。

ロボット型検索エンジンの表示順

ロボット型検索エンジンの表示順は、複雑なアルゴリズムになっており、一昔前までのYahooの表示順はアルファベットや五十音順だったので、サイトのタイトルの頭に"0"を付け加えているサイトがあり、本当は「宿泊」というサイト名なのに「0宿泊」にしているサイトが多数存在しました。
今はユーザーにとって有益なサイトを出来るだけ上位に表示するために、今で知られている検索順位の主な決定要素が、多くのサイトからのリンクが張られているサイトとサイト内に検索キーワードが多く使用されていることの2つがあるのです。
しかし、どちらも単純ではなく、被リンクを増やすために一度に沢山のリンク集に登録すると不自然な被リンクとみなされ、検索結果に表示されなくなったりし、また、キーワードについても単純に多く使用すれば良いということでは無く、適度にあった方が使う良いとされています。

優良サイト紹介

>>日本不動產投資情報
http://japan-realestate-investment.tw/

東京投報率10%以上 援各位台灣投資家們的不動產投資網站

>>ランディングページ制作|株式会社NEXER(ネクサー)
http://lp-nexer-web.com/

お得な情報やユーザーからの評判など、伝えたい情報を発信するバナーを動的に表示します。

>>リスティング広告の正規代理店:株式会社リンクル
http://rincrew.jp/

Google、Yahooリスティング広告の正規代理店です。

このサイトはリンクフリーです。

ご意見・ご感想